オリジナル (2010/01/31)

前回、‘42WLAをご紹介したのですが、今回は1942年繋がりで‘42FLをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‘42FL フルオリジナル

写真を見て頂いて分かると思うのですが、すごく状態の良い車両です。

オリジナルペイントも大きな傷は無く、68年前の車両とは思えないくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サドルバックもレアな物で、状態もスコブルいい感じです。

ジュエルも贅沢に、左右合わせて、10個も付いています。

(このジュエル、今買うと1個おいくら万円するんですかね~)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二次世界大戦中は、ELFL共に生産台数が非常に少なく、

なかなかお目に掛かる事が出来ません。

(ちなみに、戦争が終わる1945年までで、いちばん生産台数が少ないのが、1943年で

ELが53台、FLが33台でした。)

 

1942年の生産台数ですが、

EL 620台

FL 799台

1941年の生産台数と比べると、3分の1程度の生産しかありません。

(ちなみに、1941年の生産台数が、ELが2,280台、FLが2,452台です)

 

799分の1台が、BANKARA TOKYOにあるんです。

 

Knuckleフルオリジナルをお探しの方、如何ですか?

 

 

 

 

 

KUMA。

 


Soon (2010/01/30)

ホームページのLineupの中に、Soonが有るのですが、クリックして頂いたでしょうか?

2月に入荷予定の車両が出ていますよ。

 

「まだクリックしてない」という方に、Blogでチョッチ紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‘48EL オリジナルペイント (通称 ヨンパチ)

ヨンパチをお探しの方、如何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‘62FLH オリジナルペイント (デュオグライド)

Duoをお探しの方、如何ですか?

 

2台とも、綺麗なオリペンです。

 

もっと写真が見たい方は、Blogを読み終わってから、Lineupへ飛んで

Soonクリックして下さい。

 

 

 

と言っても、Blogはこれで終わりなんですけどね・・・

 

Soonレッツラゴー

 

 

KUMA。

 

 


(2010/01/29)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1957年からXL(スポーツスター)が登場するのですが、登場してから1974年まで

リアブレーキシフトに着いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレーキが左

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シフトが右

 

1975年から、右ブレーキ、左シフトが登場します。

現行車に慣れていると、チョッチ違和感があるのですが、

「他には無い」感じが好きな方には、ピッタリな車両です。

 

 

 

KUMA。

 


ハンドシフト (2010/01/28)

ちょっと前のBlog‘57FL(最終ハイドラ)をご紹介したのですが

今回はその続きで御座います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真を見て頂くと分かるように、ハンドシフトの車両です。

1952年から、フットシフトが登場

ハンドシフト車両は減少して行きます。

‘57年当時もハンドシフトはポリス仕様がメインで、一般車向けには少なかったようです。

それを考えると、レアな車両ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1947年から、上の写真のように、ニュートラルが手前に変わりました。

1946年までは下の写真のように、ニュートラルが奥に有ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ちなみに1939年の車両は1・2・N・3・4・とニュートラルが真ん中に有ります。)

(写真が無くてすみません・・・)

 

 

Knuckleは、ハンドシフトが当り前ですが、Panには両方あるので

Panでハンドシフトをお探しの方、BANKARA TOKYO

レッツラゴー

 

 

 

KUMA。

 


ご紹介 (2010/01/27)

年明けに、広島店から移動してきた車両で、ご紹介していなかった車両があるので

本日ご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‘42WLAです。

第二次世界大戦時期の車両なので、生産台数は多いのですが

あまり見ることの無い車両です。

(ちなみに、1942年WLA生産台数は13,051台です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来はサイドカーが付いていて、上官(位の高い人)を乗せていた車両です。

タンクのマークは、カナダという意味ではなく、「上官が乗る車両」だと示す

マークだった様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもちゃのライフルでも突き刺して走りたいですが、確実に警察に捕まってしまうでしょうね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルペイントではないのですが、味のある車両です。

これで街中を走ったら、目立つ事間違いなし

目立ちたい人には、最高の1台ですよ。

 

 

 

KUMA。

 

 

 

 


休日 (2010/01/26)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休日に愛車を綺麗にすると、気持ちがいいものですね。

毎日通勤でお世話になっているので、感謝の気持ちを込めて

綺麗にしています。

 

今日は、オイル交換もしてやりました。

明日からも機嫌良く走ってくれると思います。

 

 

 

KUMA。


名変 (2010/01/25)

BANKARA  TOKYO  Blogを毎日チェックして頂いてる方、気付いていらっしゃいますか?

Blogの中で何かが変わっています。

「書き方が変わった」というのもあるのですが、明らかに変わったものがあります。

 

気付いていらっしゃいますよね!

 

そうです

名前が変わったのです。

 

クマゴロウからKUMAに名変致しました。

理由は特にないのですが、ローマ字(大文字)の方がカッコいいかと思い変えてみました。

 

「KUMA」一文字無くしてしまうと、「UMA」未確認生物になってしまうので

しっかり覚えて下さい。

 

有る意味、「KUMA」を見たこと無い方には、「UMA」未確認生物なのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はBANKARA TOKYOお休みを頂きますので

お問い合わせなどございましたら、メール又は、広島店へお願い致します。

 

 

KUMA。


‘78FXS (2010/01/24)

金曜日に、港から引取ってきた車両の1台が、‘78FXSです。

広島店のBlogをチェックされた方は、もうご存知かもしれませんが

とても状態の良い車両です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フルオリジナルで、

タンク、フェンダー(フロント、リア)のペイントも、かなり状態が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナル好きの方は、涎が出ちゃう車両ですね。

 

 

本日、広島店へ移動となりましたが

近日中に、広島店ホームページにアップされますので

興味のある方、要チェックです。

 

 

 

KUMA。


‘46EL (2010/01/23)

広島店、サービスメカニック平賀氏製作

‘46EL、東京店に入荷致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛車の‘57ベルエアと同色で、40年代をイメージしたボバーです。

ボバーと言えば、基本ラインを崩さずにレーシーなイメージですが

正しく、ボバーにハマる車両です。

 

このままいくも良し、ストリートチョッパーにするも良しの車両が

東京店に入荷していますので、見に来てね。

 

 

KUMA。


Free&Easy (2010/01/22)

本日、大人のライフスタイルマガジンで知られる

Free&Easyさんが取材に来られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Free&Easyさんといえば

1998年9月に創刊されて以来、11年間愛され続けているライフスタイルマガジンですね。

そのお洒落な大人のマガジンに、BANKARA TOKYOも仲間入りすることになりました。

1月30日発売の3月号に掲載されます。

皆様、お近くの書店にてお買い求めください。

BANKARA TOKYO店舗内、車両の画像が、偉そうなコメント含め載っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お楽しみに。

 

 

KUMA。